南紀オレンジサンライズFC

Nanki Orenge Sunrise
Football Club

About

Project

南紀オレンジサンライズFCは、和歌山県の紀南地方を中心として「サッカークラブ×移住×農業」をテーマに2022年より活動するサッカークラブです。


選手・スタッフが和歌山県外から移住し、そこで農業を中心とした仕事に取り組みながら、サッカーだけでなく地域貢献活動も積極的に行うことで、周辺地域の活性化を目指します。

Slogan

「サッカークラブ × 移住 × 農業」

南紀オレンジサンライズFCのホームタウンである、みなべ町と田辺市は梅の生産地として知られ、平成27年12月には世界農業遺産に認定されています。

しかしながら、他の地方と同様にそういった梅農家でも高齢化や後継者問題に直面しているという現状があります。

その中で、和歌山県外から移住をしてきた選手・チームスタッフが、サッカーだけでなく農業を中心とした仕事に取り組んでいくことで、サッカークラブとして新たな存在意義の創造を行います。

Philosophy

「サッカークラブを通じた継続的な地域貢献の実現」

南紀オレンジサンライズFCの活動を通して、サッカーに限らず、平行的に取り組んでいく地域貢献活動を単発で終わらせてしまうのではなく、継続的に末長く実施していくことで、みなべ町および田辺市を中心とした地域の活性化を図ります。


そして、南紀オレンジサンライズFCは下記の「Jリーグ百年構想」に賛同し、日本におけるサッカーならびにスポーツの普及および価値向上に努めます。


Jリーグ百年構想
  • あなたの町に、緑の芝生におおわれた広場やスポーツ施設をつくること。
  • サッカーに限らず、あなたがやりたい競技を楽しめるスポーツクラブをつくること。
  • 「観る」「する」「参加する」。スポーツを通して世代を超えた触れ合いの輪を広げること。
Jリーグ百年構想より。

Origin of Name

和歌山県のイメージカラーとしてよく挙げられる「オレンジ」と、英語で日の出を意味する「サンライズ」を組み合わせています。


クラブがこれから取り組むサッカーおよび地域への活動を通じて、みなべ町と田辺市を中心とした南紀地方と共に、日の出のように高く昇っていくという想いが込められています。

Hometown

History

2020年 3月 サッカークラブを通じた地方創生を実現するべく、「移住を絡めたサッカークラブ」設立の構想をスタート
6月 和歌山県みなべ町および田辺市を拠点に活動をしていくことを決定
7月1日 クラブ名を「南紀オレンジサンライズFC」に決定
8月1日 2022年からの「和歌山県社会人サッカーリーグ3部」への参戦に向けた準備を開始
12月1日 選手雇用先企業の募集を開始
2021年 1月4日 監督・コーチの募集を開始
1月18日 峯上裕樹氏 監督就任
2月21日 クラブアイデンティティを「Keep one's Value」に決定
3月8日 選手の募集を開始
7月1日 「移住と農業を組み合わせた新しい形のサッカークラブを始動させたい!」をタイトルに、クラウドファンディングを実施
2022年 1月 選手/現場スタッフが和歌山県内に移住開始
2月15日 南紀オレンジサンライズFCとしてトレーニングを開始
4月 和歌山県社会人サッカーリーグ3部 参戦
6月21日 地域活性と持続化を目的としたファントークン「なんきコイン」を発行
「本気の挑戦!地域活性化の後押しができるクラブへ。」をタイトルに、なんきコインを活用したクラウドファンディングを実施
11月13日 和歌山県社会人サッカーリーグ3部を全勝優勝。23年シーズンより2部に昇格。
2023年 - 和歌山県社会人サッカーリーグ2部 参戦予定

Outline

クラブ名
南紀オレンジサンライズFC NANKI ORENGE SUNRISE Football Club
運営会社
株式会社Re•Side
代表取締役 後藤大和
代表者
森永 純平
運営スタッフ
企画広報 佐々木 翔
現場スタッフ
  • 監督・強化部長 峯上 裕樹
  • コーチ 有村 颯
  • トレーナー 柳生 歩
練習グラウンド
  • 上富田スポーツセンター

    〒649-2105 和歌山県西牟婁郡上富田町朝来3871

  • 田辺スポーツパーク

    〒646-0061 和歌山県田辺市上の山1丁目23-1-1

  • 文里多目的グラウンド

    〒646-0023 和歌山県田辺市文里2丁目38-1