南紀オレンジサンライズFC クラブアイデンティティについて

南紀オレンジサンライズFCは和歌山県みなべ町および田辺市を拠点に、2022年より本格的に活動をスタートさせます。

様々な場面で変化が絶えない現代では、これまでの常識が非常識に、そして非常識が常識へと簡単に変わっていきます。

だからこそ、我々は同じ状態のままでいることを良しとせず、常に知識をアップデートし、常に失敗を恐れずに挑戦し続けることで、サッカークラブとしての新しいモデルケースを作ります。

そして、「監督が変わったらサッカーが変わる」「代表者が変わったらクラブの方針が変わる」というのではなく、将来的に誰がクラブに関わっても同じ方向性で物事を考えられるように、クラブの行動規範となるクラブアイデンティティを決定いたしました。

クラブアイデンティティ:「Keep one’s Value」

この言葉には、これからクラブ運営に取り組む中で、「持続可能なサッカークラブとして、地域に存在する価値をいつまでも維持出来るよう、様々なことに挑戦していく」という想いが込められています。

【南紀オレンジサンライズFCが地域の皆様に与えるValue(価値)】
①農業の後継者問題や少子高齢化といった地域課題の解決に向けて、まずは我々から率先して地域に溶け込み、そして地域の皆様と共に取り組みます。
②観光客の増加や地元企業の発展に積極的に寄与することで、周辺地域の経済を活性化させます。
③老若男女を問わず、サッカーを「する」「観る」「支える」といった活動に魅力を感じてもらえるような環境を整えることで、地域にサッカー文化を根付かせます。

選手・現場スタッフ・運営スタッフがこの考え方を共有することで、クラブに関わる全員が一丸となって地域に根差した活動を行って参ります。

今後の南紀オレンジサンライズFCへのご注目をよろしくお願い申し上げます。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP