高齢化や過疎化が問題となっている地方にて「移住を絡めたサッカークラブ」設立の構想が立ち上がる

社会人になってもなお、高いレベルでサッカーを続けている選手の多くは、自分のプレーする場所を求めて全国を飛び回ります。

しかしながら、サッカーが目的でやって来るので、クラブを辞めたりサッカーを引退したりするタイミングで、その場所からは離れていってしまいます。

そのため、社会人のサッカークラブは選手の入れ替えが激しく、1年で選手の半分が入れ替わることも珍しくありません。

そういった現状の中で、高齢化や過疎化が問題となっている地方にて、引退後もサッカーに関わる環境を整備したり、仕事で得たスキルを活かしたセカンドキャリアを歩めるようにクラブが道筋を作ったりすることで、サッカーをすることが目的で集まった選手たちが地方に定住する仕組みを構築出来れば、サッカークラブとして新しい価値を生み出せるのではないかと考えております。

このように、ただ単に勝利することだけを目的にするのではなく、サッカークラブを通じた地方創生を実現するべく、「移住を絡めたサッカークラブ」設立の構想をスタートさせました。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP